すこしだけ

お笑いや音楽や映画や本が好き。気分で書いたり消したり。

糧に

なんとなくわかってはいたけど、やっぱりそうかあと改めてわかると、なかなかつらくって、精神的につらいことがあると、人は何もしたくなくなるもんだなと思った。みんなみんなそうかはわからないけど、少なくともわたしは何もしたくなくて、ただ横になって一日を終えた。

コロナが悪化して、会えなくなって、気持ちも離れて、って、そうなんだけど、じゃあコロナがなかったら?と考える。コロナじゃなかったとしてもいつかこの結末を迎えていたと思うんです。すごい好きだったけど、心のどこかでずっと一緒にいる人ではないのだろうと思っていた。そんな気持ち、変えられる!と思ったり考えたりする方もいるのかもしれないが、わたしはどちらかというと自分で運命を変えるというよりは、いまある流れに流されながら適当に生きる方が好きなので、やっぱりパートナーになる人ではなかったのだなあと思う。付き合っている時は、相手が自分を本当に好きなのか、二股かけられてるのではないか、浮気してるんじゃないか、みたいな負の思考で埋め尽くされて不安でたまらなかったから、今は不安が全く無くなってスッキリもしているけれど、でももう、恋愛としての好きの気持ちは向けてもらえないのかと思うと悲しい。でも、遠距離だからって相手を疑うような思考が僅かでもあった時点でこれから先長く続くとは思えないし、うーん、うーん、と考え続けているいまが本当につらい。昼寝したら夢に出てきた気がして、起きてから泣きそうになった。

松任谷由実さんが「時はいつの日にも、親切な友だち」と歌ってくれているように、時が経つのを待つしかなくて、仕事をして遊んでぼーっとして眠ってつらさを紛らわせながら、自分の確立を目指しながら、忘れていくことしかいまはできない。

いまは何をしていても思い出してしまうと思うけど、いつか何をしていても思い出さなくなり、コロナが落ち着く頃には良き友だちとしてまた遊べるはず。

いますぐ次の恋愛!なんて無理だけど、また恋してどきどきしたいなあと思っている。自分は拗らせまくっているけれど、そんな気持ちもある。

にしても、日常の中での出会いって本当に無いよなあ。結婚に行き着く人は本当にすごい。すごいわあ。

さて、わたしはわたしで生きていくぞっ。まだまだつらいし、時に泣いちゃうこともあるかもしれないけれど、わたしには大好きな大好きなハリウッドザコシショウという最強の人類のネタが面白くて、観ると必ず笑っちゃって、元気になっちゃうってわかっているから、それを観て前に進みます。

いや、ひさしぶりに失恋のつらさを味わった。ひえ〜。わたしはこの経験からさらに素敵なにんげんになるよ。ぜったいぜったい。

どこにやればいいのやら

どこにもやれないこの気持ちをどうしたらいいんだ〜ってところです。もう時期眠たくなって、気がついたら朝!ってなるはず。

仕事について考えることが嫌すぎる。世間体を気にしている自分。よく見られたい自分。わかるよ、わかるんだけど、それが自分を苦しくしちゃってんのよ。と思う。

できる限り働かず、できる限りやりたいことをやり、できる限り幸せを感じながら生きながらえたいと思っているのだけれど、いまの社会ってやさしくない気がしていて、だから、生きながらえないかもしれない。

◯か×かで判断しようとしているから苦しいのだと思う。

お金がないと親が心配する。だけど、極限まで働きたくない。だけど、いつかは一人で生きなければならない。だから、どうしたもんか。

みんななんで子供が欲しいと思うのだろうとずっと考えているのだけど、自分の死が怖いからかな、とかいう考えも浮かんだ。自分一人で生きていくにはつらすぎてさみしすぎて怖すぎるから、配偶者がいて、子供がいて、家族がいて、安心感を得て、死んでもいいって思えるのだろうか、と考えた。

わかりません。

わたしには結婚したいとか、子供が欲しいとか、強く思うことは無くなってしまったので、あんまりよくわかりません。

なんか、内容がネガティブ寄り。良くないね。どうでもいい話も書いておこう。

いま、MCUシリーズを順番通りに全部観直していて、あと4作で終わってしまうんす。さみしい。で、わたしは誰がすきかなーーと考えた時、ロケットとロキとドクター・ストレンジだな!と。ロケットはただただ戦っている姿がかっこいいから、、ロキは顔がかっこ良すぎる上に最強のツンデレだから、、ドクター・ストレンジの魔術がかっこよすぎるから、、みたいな安易な理由。

にしても、ロキがかっこいい。ロキ…。 地球に来た時の、真っ黒スーツ姿がかっこ良すぎるので、もっと見させてほしい。

そして、もいっこ。カロリーメイトのCMにかっこいい子がいるぞ?!?!と思って、調べたら、加藤清史郎くんだった。こども店長とかやってたのに…すごい、かっこよくなって、こんなにときめくとは…と驚いた。

比較的デブ専のB専ではあるけど、顔がかっこいい人だってすきなんだなと自分でも改めて思った。

ね、ねむい。

さけ

昨日は楽しかったっちゃ楽しかったんだけど、やっぱりお酒を飲みすぎた気がする。いや、絶対そうだ。

記憶を失うほどのお酒って相当な量だと思うんです。でも、残念ながらわたしはまあまあ飲めるらしい。昨晩強めの酒をガンガン飲んでしまったけれど、今朝全然記憶がある。記憶があるからこそ、あれ失言だったんじゃん?自分キモすぎじゃん?何言ってんの?あああああって昨晩を思い出しながらなっている。お酒を飲むと愉快になってよく笑うしよく喋って知らん人にも話しかけてしまうので、本当に、良くない。頭のおかしい人だと思われたよなあ。あああああ。昨晩の記憶を、1時間分だけでも忘却の海へ流し去りたい。早く日が経ち忘れてくださいますよう願います。

さて、今後はこんなことを二度と起こさぬよう、気をつけて酒を大量に飲んでいくことをここに、誓います。そのために、記録。

はー………。反省。

毎年のことながら。

は〜、今年のM-1もめちゃくちゃ面白かったな…。

決勝一発目からインディアンスて!!!インディアンスのネタの中で一番大好きなヤンキーやらせてもらってたネタ!敗者復活戦と決勝で2度も観られるなんて!こんな幸せな日ないです!しかも!2人とも舞台で爆笑しながら、寒暖差に驚きながら、楽しく漫才しててさ、それだけでもう嬉しくて面白くて泣きそうになってきちゃったよ。今思い出しても幸せすぎて涙出そう。来年も期待。あと、敗者復活戦でたぶっちゃんが「お待たせしました、木崎です!」で出てきてくれたのも嬉しかった…。あと、本当に個人的な想いなんですが、めちゃくちゃ笑った!面白かったし技術がある!と思うなら1組目だから基準点で〜…とかやめてよ…と思うけど、芸人でもないし、審査員でもないし、その立場が分からないのでなんとも言えません…。

2組目の東京ホテイソン。あの若さで、あのツッコミはカッコ良すぎるだろ。しかも、ボケが難しいとのご意見をいただいておりましたが、それでも観たいわ!と個人的に思いました。あれはホテイソンにしかできないし、インディアンスとは全く違った間。最後の伸ばしすごいちょうど良くて、なかなか終わらずに体が自然に傾いたのもすごい人間らしくて良かった。まだまだ若いのに既にあのレベルなのは今後爆発するだろ…。来年も楽しみだな〜。

3組目はニューヨーク。絶対売れると言われて何年経ったんだという。ずっと面白いのにさらに面白くなってた!毎年進化しているのカッコ良すぎますね。しかも、昨年の評価を受けてネタを作って漫才をする。それがどれだけ大変か。好みもあるけど、昨年も良かったけど、今年のネタは嶋佐さんのヤバさが全面に出ていてめちゃくちゃ面白かった。告白して振られた時のネタもめちゃくちゃに好きだけど、今年のネタもめちゃくちゃに好きだな。バラエティで観るニューヨークも好きだけど、テレビでいっぱい漫才してほしいな。

4組目は見取り図。個人マネージャーの不可解な行動を回収していって、後半にかけて盛り上がる漫才。カッコ良かった…。あたおかでしたー!も大好きなんだけど、あたおかがなくてもめちゃくちゃ面白い。そしてもりしの動きの癖はあるけど、昨年ほど気にならず、ネタだけでなく、所作や間や声の大きさ、トーン、スピード、全部微調整しつつやっていたように感じ、更にカッコ良い面白い漫才になってたなあ。鶴瓶出てこいー!ってところと床どかどか叩いてドンキーコングなんか?!ってところ、すごい破壊力だった。もりしかっこいいよなあ。顔がかっこいい。普通にかっこいい。

5組目はおいでやすこが………。これは、もう、凄かったよ………。内容がどうとか、そういうこともあるけど、それぞれが培ってきたものが多すぎて、大きすぎて、良さが最大限に活かされていて、最高に面白かった。ずっと笑ってたな。こがけんさんのブレない歌と小田さんの表情と声のデカさがバカ面白かったです。足で床どんどんもマジでおもろすぎる。笑いすぎて涙出たもんな。優勝するんじゃないか?!?!とこの時点で思ったくらい、面白かった。小田さんが準決くらいからずっと「ドッキリですか?夢ですか?」って言い続けて不安そうな表情でいるのがおもろすぎる。

6組目はマヂカルラブリー!もう、無限大に出まくっていた頃から変わらず、クリスタルはずっとクリスタルだったし、村上さんは村上さんだった。わたしの大好きなフレンチのネタ。フレンチ、フレンチ!って言いながら駆けていくデモンが私は好きだ。デモン!って怒る野田さんが好きだ。漫才の盛り上がりとか、色々とご意見いただいていたけれども、どのボケもマヂカルラブリーじゃないと思いつかないし、野田さんじゃないとできないし、村上さんじゃないとできないツッコミだし、つまり唯一無二の天才。これまた何度も観ているネタだけど、ひいひい言いながら笑いました。

7組目はオズワルド。昨年も面白かったけど、更にパワーアップしてましたね。声の大きさとか、色々ご意見いただいておりましたけれど、個人的には伊藤ちゃんの声のボリュームの調整は最高だと思うんすけど。急に力んで声デカくなるのめちゃくちゃ面白い。そして、今回は畠中くんのイカれ具合が昨年よりも分かりやすくっていた気がして個人的には昨年よりわかりやすかったな〜。頭が良くないので、昨年の、先輩とご飯という軸から寿司屋とバッティングセンターという2つの場所が出てきて混ざるネタも面白かったんだけど、今年は改名したいという一方通行でとても分かりやすい且つ面白かった。畠中くんの表情良かったなあ。ザコ寿司。

8組目はアキナ。準決でバカウケしてたからか、余裕もあって、のびのびと楽しそうに漫才をしていて、観ていてとても楽しかった。アキナは動きも表情も声の大きさも天才的だよなあ。技術が高い。結果がそんなにでもなかった2人の恥ずかしそうな顔すら面白かった。ただ単純に可愛いアキナになっていた。ネタなのにアキナはアキナで自然なのが不思議なんだなあ。東京のバラエティでもいっぱい観たいよう…。

9組目は錦鯉!!!!!!!学生時代にたくさん観に行っていた大好きおじさんたち。8本歯が無いのがめちゃくちゃ分かる滑舌すら面白かった。パチンコになりたいまさのりさんという設定がおもろすぎる。レーズンパンも銀歯泥棒も数字の7もネタの中で観られるなんて、最高ネタすぎる。立っているだけで面白いおじさんたち。こーんにーちはー!!!!!だけで爆笑をとれるおじさんたち。ラストイヤーは56歳のまさのりさん。痛風の隆さん。来年も決勝で観たい。テレビに山程出てほしい。

わたしはまさのりさんのセブンのギャグが一番好き。

確実に、売れたな!!!!!!!!!

10組目はウエストランド!!!これまた売れると言われ続けて何年経ったんだという。2人の空気感のギャップがすごい好き。井口さんはとにかく売れるためになんでも動くのに太ときたら…みたいな関係性がすごく好き。井口さんのバッキバキの目をじっとり見てるのおもろすぎる。え?いないよ???え?そんな子、いないよ?????の井口さんと自覚、自我、自覚、自我、自我ー!!!!!のところ大好き。太を笑わせにかかっていた井口さん。絶対好印象だったと思うな〜〜〜。今後たくさんテレビに出演し、面白さを世間に見せつけて復讐が成功することを祈る。

 

ここ数年、毎年のことながら、漫才について改めて考えさせられる。大阪で昔からやってきた大ベテランのオール巨人師匠もなにがどうあるべきなのかわからなくなっている感じなのでは?というくらい漫才の多様化が進んでいる。本当に毎年M-1が終わった後に辞書で「漫才」と調べてしまう。

今年はマヂカルラブリーが優勝したことで、掛け合いがなかったとか、あんなの漫才じゃないとか本当にいろいろ言われているけども、もう、ルールがあった上で勝ち上がってきたんだから、何を言ったって彼らの努力は計り知れないんだから、というか優勝者だけではなくM-1に出ていたお笑いに人生を賭けている人たち(ノリで出たアマチュアは抜き)の努力は計り知れないんだから…なんも言わんとってや…嫌なら観るのをやめればええんちゃうか…と言う気持ちになった。これはわたしの意見であって、他の人は全く違うだろう。十人十色。難しいすね〜。

でも、わたしはマヂカルラブリーが優勝したことが嬉しいよー!!!アゲアゲライブ時代から「のーだーです!のだです!」をやって村上さんに宥められるように漫才をしていた2人が大好きだよー!村上さんの薄ピンクのカーディガンの胸元にいつも飴ちゃんをつけていたのも好きでした!本当におめでとうございます。

さて、来年は錦鯉が優勝かなー?!?!どうかなー?!?!?!

楽しみです。

 

3日経っても全く興奮冷めやらぬ。

その内敗者復活戦の人たちのことも書きたい。

ニッポンの社長めちゃくちゃ面白かったな。ネタもだけど、夕焼けこやけも。

わたしはデブ専なので、また書くけど、ネタ関係なくロングコートダディ兎さん、ニッポンの社長ケツさんが可愛いすぎて、あああ〜………ってなってた。どんだけデブ専なんだよ…と思う。マユリカ中谷さんもビスケットブラザーズきんちゃんも原田さんも好き。シルエット。可愛いよなあ。可愛いよなあ…。ニッポンの社長の単独Vだったと思うけど、きんちゃんがもりもりご飯食べてる映像が可愛すぎて、もっと観たかったな。デブ専だけど、セルライトスパ大須賀さんはちょっと違うんだよなあ。なんでだろうなあ…。でも、ママタルトの大鶴肥満は好きなんだよなあ。ひわちゃんも好きなんだよあ。なんなんだろうなあ。

 

ねる。

敗者復活

既に胸が熱いよ…。M-1敗者復活戦!

芸人さんの人間性も含め、ついつい応援したくなっちゃう!大好き!ファン!みたいなことは抜きにして、単純にめちゃくちゃ笑った上に決勝の舞台に立って2本目のネタを観たい人に投票をした。ランジャタイとニッポンの社長とゆにばーす。完全にネタの好みが結果を左右するなあと思う。そしてマジでみんな面白かったけど、1組に絞られるのかあ…と心苦しくなる。

一先ずの投票結果でランジャタイが15位で笑った。ネタ、めちゃくちゃ笑ったけどなあ。国民、最低ー!!!国ちゃんが平場でやりたい放題しててよかった!まだ諦めるな!

ニッポンの社長は出順ラストだということがとても良かった。17時のチャイム…。ケツさんの顔可愛すぎるな。声デカすぎるな。そして観ている人へ牙を剥く。マジでタイミングもあるけどめちゃくちゃ笑ったなあ。

ゆにばーすはとても観やすい、分かりやすい、でもめちゃくちゃ面白い漫才。しかも投票の上位3組に入ってるから!決勝進出あるのでは?!?!川瀬の土下座は本気。ボケではない。勝ち上がってほしい…。

でも、インディアンスもぺこぱも面白かったし、学天即も面白かった。みんな面白かったんだよ…。

1時間後もハラハラしながら観るのか…。楽しみ…。

W墓場

今までTHE Wの在り方に納得がいかなくて、お笑いの賞レースとしてはしっかりと観てこなかったのだけど、今年の決勝進出者全員があまりにも面白い人たちだったので観ました。

もうね、もうね、観てよかった…観てよかったですよ………。お笑いへの熱い想い、真面目さ、面白さの追求、そして0から1を生み出してそれを大きくしていく天才たち。全員がめちゃくちゃにかっこよかったし、面白かった。漫才、コント、ピンネタと本当は比較をしてはいけないとはいえ、もう既に賞レースとして存在していて、そこに時間をかけてきた人たちがいるわけで、そもそもの賞レースに対する疑問や不満はあるけれども、それを全てとりあえず置いておいて、決勝進出者全員のネタがそれぞれめちゃくちゃ面白かった。賞レースの在り方を考えればやっぱり疑問を持つ部分はあるけれど、努力をしてきた本当に面白い人たちが、多くの人たちに知られることがこんなに嬉しいだなんて!!!吉住さんおめでとうございます!!!!!!!!!!個人的にはオダウエダが爆裂に面白かったです!!!!!!!!!!哲夫さんが99点だって言ってました!!!!!哲夫さんすっき!!!!!

昨今、ジェンダーについての問題がいろいろと騒がれる中で、性別に対する悩みを抱える人は多く居ると思う。身体と心と考え方と価値観と生き方と、さまざまな人が居て、どんなにマイノリティでも自分のことが好きならそれで良いはずだと思う。そんな変わりつつある世の中で、THE Wは“女性”であることが賞レースに出られる条件として作られていることに疑問を持つ。芸人さんの中にも性別に対する悩みを持つ人がいるのかもしれないのにな、と考えたり、身体は男性だけど心は女性なのにって人が出たかったらどうしたら良いのかな、と考えたり、自分の真面目さ故に4年間もやもやしている賞レースではある。漫才、コント、ピンってそもそも比較ができないものだとも思う。テレビのネタ番組でもそこがまぜこぜで戦うこともあるけれど、賞レースの芸人さんの人生のかかり方とは少し違ってくるので、賞レースくらいは本当に、どうにか、こうにか、ならないかなあ………とも思ったり、でも、地下に埋もれている天才たちが世に出るチャンスになるなら…とも思ったり、とても難しいです…。でも、結局は出ている芸人さんが納得して出ているなら良いとも思うし。ううあああ!!!!!

といった感じで、第1回大会、第2回大会は観たけど昨年は観ておらず、でもやっぱり天才を観たいと思って今年は観ました。全員面白かったです。お世辞ではなく。全員面白かった!!!

あと、昨年の大会を観ていなかった故に、優勝者を知らなかった故に、3時のヒロインの売れ方にびびっていて、何でこの人たちはこんなにテレビに出ているのか?どこがどのように面白いのか?と思うこともあったのですが、まだまだ歴史の浅い、未熟な賞レースであったとしても、世間に認められる一歩を自らの手で勝ち取った勇姿を、当時の熱い空気感を、生放送で観てないわたしは3時のヒロインの売れ方に対しては何も言えねえな!と今回のTHE Wを観て大反省しました。優勝したから売れるしテレビに出られるのは当然。これからは賞レースをちゃんと観てないのに文句言うのはやめます。ネタを色々観てきて合わないのならまだしも、観ずに文句は言えません!はい!

 

そして、昨晩はニッポンの社長の単独ライブ「墓場の社長」を観ました。こちらもずっと面白くって、体感20分くらいだった。まだまだ観れた。まだまだ観たかった。あと20本くらいコント観たかった。気がついたら1時間経っていた。個人的には2本目のコント「若すぎないですかねえ」の服を選んでうろうろしているところとか、会話の感じとか、ボケのところじゃないところでもずっとお腹の底をくすぐられているような面白さがあって、すごく好きでした。オープニングでは電気グルーヴモノノケダンス、ネタ前はたまの電車かもしれない、ネタ後はたまの牛乳が流れていました。辻さんの選曲だと思うんですけど、これは…とても分かってらっしゃるわ…だいすきです………。これで辻さんの選曲じゃなかったら笑うけど、でも、選んだ人、すき。わたしが電気グルーヴもたまも猛烈に好きだからってだけだけども。そして、ケツさんは顔が可愛すぎる。おじさんもおばさんも冴えない人も女の人もお母さんも子どももいろいろ似合う顔してる。可愛い。顔がお尻みたいって可愛いよなあ。舞台に立つ前に美顔ローラーしてむくみとってるの可愛いよなあ。M-1の敗者復活は何のネタかなあ。たのしみだな。あと、エンディングのデザインが中谷さんだったのがめちゃくちゃめちゃくちゃめちゃくちゃうれしかったです。

 

そして、悲しき出来事。祇園の木崎さんがコロナ感染…。体調心配だし、ご家族も大丈夫かな………。M-1準決勝のネタめちゃくちゃ面白かったから、敗者復活で観るの楽しみにしていたけれども、けれども!これは仕方がないことです。とにかく、今は休んでいただきたい。来年は、「お待たせしました木崎です!」に対して、よっ!待ってましたぁッ!!!って言いたい。お大事になさってください。

 

お笑いについて一人で考えを巡らせることが楽しい。上には上がいるので、お笑いについてものすごくよく知っている人はたくさんいるけれど、わたしはわたしの視点で楽しめることを知っているので、視野がまだまだ狭くたって楽しい。

THE Wを観て、熱くなり過ぎて、ばばばばっと打ち込んでしまった。これ書き始めて45分くらい経っている。

 

寝る前にマユリカの漫才を観よ〜っと。

人生は時々混沌とする

自分を客観的に見ることの難しさを日々痛感している。話をする時も仕事をしている時も好きな人への気持ちの向け方も全部暴走する瞬間があって、そんな時のブレーキのかけ方がめちゃくちゃ下手なのかもしれない。それは自分だけなのか、世の中のみなさんもそうなのか。

まだ新たな仕事を始めてたったの5日なので成長もなにもないんだけど、それでもできないことに対するコンプレックスがすごくある。けど、できた!という瞬間なんて多くなくて、コツがあったってうまくいかないことの方が多いし、できるかできないかではないんだよって言ってもらえて、前の職場でも散々言われてきたことだけど、今の職場だとそれがすごく納得できて理解できて、克服できるかもしれないなと思っている。人との比較が一切ない。だからこそ悩むこともあるけど、自分次第でめちゃくちゃ変われるし、めちゃくちゃ成長できると思う。

とにかく自分が今意識的にやるべきことは比較をやめることだな。人と比較したって答えは出ないので、自分と向き合うしかない。自分がどう考えて行動したか、今後どう考えて行動して生きていきたいか、だと思う。きっと。

 

最近の楽しいことは、インスタグラムで全く知らない海外のおじいちゃんおばあちゃんのアカウントの謎写真を見ること。最高なショットが多すぎるので、わたしもこんな風にかっこいい写真撮りたいなと思う。刺激、大事。

 

前回のマユリカのうなゆめで阪本さん演じる女の子の滑舌が悪くて中谷さんのことを「にきてぃにくん」と呼んでいたことを思い出して自転車に乗りながら声出して笑ってしまった。思い出し笑いで声出して笑うってなかなかすごいな。破壊力。

 

ロングコートダディの単独を観てからyogee new wavesばっかり聴いてしまう。単純。だけど、たゆたうアンノウンを観たから、相馬さんの言葉があったから、今こんなに元気で、モヤっとすることもうまい具合に忘れられるわけで。天才達に感謝。今後もすべてこれで解決ッ!というわけではないけれど、解決するための一つのきっかけになったので、心の中の引き出しに大事にしまっておく。毎日のように取り出しては見ているけれども!それぐらい良いライブだったということ。