縄文

先日、縄文展に行った。土器好きではないが、ハート型土偶が観たくて行った。とにかく展示品の数が多くて観るのが大変だった………。、昨日だったか、テレビで「縄文女子!!!」って特集がやっていて、縄文展に来ている女性が「土偶が可愛くて〜〜」と言ってるのを観た。土偶も土器も良かったのだけど、わたしは縄文時代の女性のアクセサリーが良かったな。翡翠のピアスや貝のブレスレットが展示されていて、今の時代着けてても可愛いじゃん…!ってものが多かった。貝は、海が近い地域でしか作れないために、内陸の女性たちは土でブレスレットを作っていたとか。ただ、重くて思ったような可愛いデザインにできなかったから、土ブレスを着けていた人は多くないかったかもしれないとあって、「縄文時代から女性ってそんな感じなんだな…」と思って親近感が湧いた。きっと海寄りと陸寄りの女子が会話をして、陸の人は貝が手に入らないから土で作ったんだと思うなー。

海寄り「やっほ〜〜」

陸寄り「やっほ〜〜!え、腕につけてるそれなに?可愛い〜〜〜!いいなあ!」

海寄り「食べ終えた貝で作ったんだ!可愛くない?」

陸寄り「え?貝?なにそれ?」

海寄り「海でとれるんだよ!美味しいし、可愛いブレスレット作れるよ!」

陸寄り「海?近くにないよ〜〜。いいなあ…」

家に帰り………

陸寄り「貝のブレスレットいいなあ…土で作ったらどうかな…可愛いやつ欲しいしやってみよ…」

という感じで作ったのでは?と妄想してしまった。縄文時代の人とか教科書に載ってるのはゴリラみたいだけど、実際もっと可愛い人もいたと思うんだよなあ〜。とか思った。文字が無かったために生活など分からないことも多いらしいが、多分今のわたしたちと変わらない感覚ももあるような気がするんだよなあとか思った。アンデス文明展に行った時も、この世界の片隅にを観た時も思った。時代も文化も生きている環境も何もかも違うけど、でも、みんな根本的には一緒の悩みを抱えていたり、現代と変わらないようなことで笑っていたりしたのかなあなんて思う。ドラえもんがいるならば、タイムマシンとほんやくコンニャクが欲しいよ!色んな時代、色んな国に行って女同士の会話とか、カップルとか夫婦とか親子とか、どこも変わんないんだな〜と思うような会話や生活を覗き見たいなーと思う。

 

毎日毎日甲子園観てるけど、熱いな!高校生若い!若いよー!!!