読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のこと 思いつくまま

映画を観ている途中。

「i am sam」。知的障害の主人公が娘を育てる話。主人公はビートルズが好きで、娘にルーシーと名付ける。作中、LSDの話やジョンやポールの話が出てくる。まだそんな具合のさわりしか観てないけれどワクワクワクワクしている。絶対泣くし、絶対好きになって繰り返し観る映画にリスト入りするはず。

ただそれだけ。


今日はとても嬉しいことがあった。わたしがただ日々の中で漠然と考えていたことを面白いと言ってもらえたこと。まだ形にできない液体状のもにゃもにゃした何かが少し固まったような気がした。スライムくらいにはなったかな。がんばるのだ。


ジョン・ケージ。わたしは彼の考えを理解できない。主張は分かるし表現方法も分かる。芸術の一種であり、音楽の一種でもある。が、良いとは思えない。そういうもんかな。良いとは思わなくても芸術と認めていれば良いのかね。


アフリカの音楽は難しい。たのしい。そして、命の、生命のことについて考えさせられるような気がした。わたしが全裸で火を囲んで歌を歌ったら何もかもがどうでもよくなり、幸せだと思い、私は私でよかったと思うのだろうか。


星の王子さま。ウワバミがすき。先生に今はウワバミじゃないんだよって教えてあげた。先生「そうだよねえ。わかんないよねえ。今はなんていうの?」って。「大きな蛇。大蛇だよ。」答えた。わたしは大蛇ボアよりウワバミの方がすきだよ。