読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カブとミニ

春だ。相変わらず暇してる。お昼寝ばかりしている。

そろそろ原付の免許を取りに行こうかなあと思っている。免許取ったらどんなバイクに乗るか妄想するのが最近とても楽しい。

ホンダスーパーカブに憧れがある。ふらふらと街を歩いていてカブを見かけるときゅーんとくる。出前のおじさんがカブをぶいぶいいわせてるのとかたまらん。ので、ネットで中古のバイクとか色々見てたら、新たに可愛い奴発見。スズキユーディミニである。可愛い。色が最高に昭和。カブかユーディミニかね。可愛い。

特に書くこともないので、そろそろねる。

あっ、最近たくさん本読みたくて色々手を出してるんだけど、五冊同時進行になってしまっていてやばい。何かをやめるか何かを終えねば。

さて、寝ましょう。

 

あたたかくなってきているね

村上春樹が好きです。テレビ等で取り上げられている呼び名でいうと「ハルキスト」。村上春樹が望む呼び名でいうと「村上主義者」。なんでもいいよ!

あんまり作品は読んでいません。

風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「ダンスダンスダンス」「ノルウェイの森」「スプートニクの恋人」「螢・納屋を焼く・その他短編」と村上春樹訳の「キャッチャーインザライ」くらい。全く村上主義者とは言えないよねえ。でも、面白くて好きなの。ノルウェイの森は何度も何度も読み返している。だって登場人物と年齢が近いから。また時間があるときに読もっと。

今、三冊の本を並行して読んでいる。「村上さんのところ」と「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」と三島由紀夫の「美しい星」。読みたい本いっぱいあるのに読むスピードが亀すぎてなかなか進まない。頑張らなきゃねえ。

さて、話は変わります。

今、とてもとても、大阪の吉本のアインシュタインというコンビの稲田さんのことが好きで好きで困っているのです。芸人として好きとか、愛嬌があるから好きとか、そういったこともありますが、男性として好きなのです。お付き合いしたいと思う感じのやつです。好き過ぎて困ったぞうといったところなのです。誰に言っても理解されないので、とりあえず書いてみた。稲田さんは本当にとても素敵な方だと思うんだけどなあ。好き。どうしたらいんだろねえ。とりあえずこの想いは大切にしておこう。

寝よう。

 

ねむい!

おおさか

大阪のバツウケテイナーという番組を最近ちょろりと観ている。出演はアキナ和牛アインシュタイン、通称アキナ牛シュタイン若しくはアギシュ(?)らしい。

そもそもわたしは東京の若手芸人が大好きで、特によしもとの芸人が好きだったのだけど、最近大阪にまで手を伸ばし出した。手に負えなくなるから、とずっと見て見ぬ振りをしていたのだけれど、やはり毎年毎年賞レースで結果残す大阪の人たち見てたら「ああ、、好き………!」てなってしまった。とりあえず劇場トップあたりの若手と芸歴十年目くらいの人たちのネタ見たり、大喜利見たり、平場での立ち回りとか強みを見たりしている。最高に楽しい。

そんな感じでバツウケテイナーをちょこちょこ観ていて、ローカルといえども番組持ってるの凄いなあと感心したりしている。

アキナは2016でM-1決勝行ってたけども、コント師の印象が強くて、東京だとチョコプラとシソンヌと仲良しのイメージしかなかったから大阪でのアキナは生き生きしてるなあと思った。

和牛は漫才師という印象しかない。コントのイメージ無いし、M-1でかなりの成績を残す優秀者というイメージがあったから平場弱そ〜と思っていたらそうでもなくて強いなと思った。

アインシュタインも漫才師の印象が強い。初めて見たとき稲田さんの顔のインパクトに驚き過ぎてネタが全く入ってこなかった。し、なんだか色々想像してしまった。けど、バラエティでは最高のキャラを持ち合わせていて、3組の中で一番強いなという印象。

こんな印象でバツウケテイナー見始めたら、まあ稲田さんの面白さたるや。。言葉のチョイスが絶妙。大喜利が強い。愛想笑いが上手い。そして何より喋らなくても居るだけで存在感がある。芸人として最高過ぎてとてつもなく好きになってしまったというわけです。わたしはどうも大喜利の強い芸人に惚れるやうでございます。あと、顎とかいじられても「遠慮せんといて!」と言うところも大好き。もうこれは男性として好きというところまで来てしまった。大変だ。チョコレートプラネット松尾、グランジ大に続き、アインシュタイン稲田。いや、でもかっこいいよ。面白い人は最高にかっこいい。だめだ。好きだ。好きだな。。稲田さん。。

 

ねよ。

まぶた

録画してた爆笑ヒットパレード観てたら、トレンディエンジェルの斎藤さんがうとうとしながら漫才してて不覚にも可愛いと思ってしまった。。

2017年になっていた。出会いもなく、彼氏ができるわけでもなく、モテるわけでもなく、早2年。。このままだと恋人ができずに就職して婚期を逃すなあと思った。それで良いのか良くないのかすらもう自分でわからなくなってる。どうなんだろ。結婚したいのかしたくないのかもわからなくなってる。

おみくじを引いた。待ち人は来るらしい。しかも「たよりあり」とあったので、連絡があってから会えるということね。今のところあの人かなあという人が一人。会いたい気持ちでいっぱいになってしまったけど、向こうから連絡が来ないと意味無さそうなので気長に待つことにする。待ち人がその人じゃなかったら、待っている間に他の人と出会えるはず。気長に気楽に行こう。

さて、毎年一年の目標を全く設定しないのですが、今年は設定する。

2017年目標「必ず行動すること。」

毎年のことながら、「服屋に行こうかなー」と思って家を出ずに終わることや「映画観に行こうかなー」、「個展観に行こうかなー」、「DVD借りに行こうかなー」等、様々なパターンで家を出ずに過ごしてきた。考えてはいたけど結局行動せずに終わる日々を過ごしてきた。勿体無い。勿体無さすぎる。

ということで、今年は一度「行こうかなあ」と考えたら行動に移すこと。もし行かないことにした場合はそれ相当の家でできることをやることにする。

20代に突入したら日々のすぎる速度が速過ぎて泣きそう。もったいない日々を過ごしたくない。素敵な人たちに出会うために行動あるのみー!

 

さて、話は変わりますが、世の中の皆様はぐるナイのおもしろ荘を見たのでしょうか?今回も最高だった。

特にブルゾンちえみちゃんは最高に面白かった。しかもセクシーで可愛くてどきどきしてしまった。良いです。年末の深夜番組で観たときはあまり面白いと思わなかったのだけれど、おもしろ荘は本当に面白かった。

 

本当は書きたいこといっぱいだけど、眠すぎる。。

おやすみなさい。

今年も良いお年を〜〜〜

 

------------

ここまでが昨晩、布団の中で書いた事。

朝起きて、映画観に行くつもりだったけど「やめたー」てなったし、特になにかやるぞーという気持ちでもないので本当にクズ。

 

知り合いに「恋人いらないなー」を貫き通した方がモテると思うよーと言われたので、貫き通したいし、彼氏欲しいとか結婚したいという願望はほぼ無い。けど、たま〜に異性とデートしたくなるし、兄が彼女と結婚するらしく、いいなあと思ってしまったのよね。ただ、実際デートしてる人を見たり夫婦でいる人を見て羨ましくないし、むしろやだなあと思う事がある。謎。

まだ、本当にずっと好きでいられる人に出会えてないからかなあ〜。

たま、大瀧詠一はっぴいえんどクレイジーキャッツ等が好きで、映画が好き(名作)で、本が好き(文豪や村上春樹等)で、シティボーイか70年代の服を着こなす人でないと嫌だなあって思ったけど、そういう人がいても私を選ばないだろうし、既に素敵なパートナーがいるだろうな、と。

 

とりあえず、可愛くなっていろんなところにでかけるしかないなー。

あの人へ

たよりまってます!早くこっちに遊びに来て欲しい〜。試験がんばれ〜!

 

お腹すいてきた。

良い人

『この人、良い人だなあ』と思うとすぐ人を好きになってしまう人間です。

吉本ばななのキッチンをお勧めしてくれた人と連絡を取り続けているのですが、数日くらいのやり取りかと思っていたら、もう二週間以上も連絡を取っていたのです。その人は頭が良いし優しいしわたしの話を聞いてくれるしでとても好きなのです。好き。。わたしのことを可愛らしいと言ってくれるし、普段女っぽくきゃぴきゃぴと生きていないわたしはどきどきしっぱなしです。あー、かわい子ぶりたい。。

 

なんだこの感情!

 

くー!

無用者

話すと長い。

先月末から今日はバイトがないと思い込んでいた。

昨晩「どうせ明日バイトないなら…」と思い、知り合いの家に行く連絡をした。

が、朝バスに揺られて一応シフトを確認すると、18時からバイトだった。非常に落ち込み、どんよりどんよりしていた。

とりあえず学校終わりにお家に行き、大瀧詠一やつげ義晴やはちみつぱいクレイジーキャッツ唐木順三などの話をしながら世の動きについて話し合った。わたしはどうも思考が男っぽくて理屈っぽいけど、それを言葉でなかなか伝えられてない部分があるからそう見えないのかもねえと分析された。あと好きな音楽の傾向も、歌詞を聴くより歌詞が音楽として耳やら身体への振動で伝わる心地の良い音楽が好きなのかもねえと言われた。こう分析されると恥ずかしいなあと思う。自分の知らなかった自分。恥ずかしいなあ。

焼き芋作ってもらって、芋をもしゃもしゃしながらレコードを眺めて、服くれるて言うから試着したら全部大きくて、写真撮影会して笑い合った。楽しかった。

わたしがバイトなもんでさっと帰って、一般的な女の子に化けて労働した。バイト先で「犬煮さんて話してると変だけど、多分普段はもっとすごいですよね。ポテンシャル高くて面白いです。」て言われて理解不能だった。

帰ってお酒飲んで眠くなって、寝ちゃって起きてお風呂行って、今。しあわせだ。

わたしはお兄さんを独り占めしたいとか思っても恋愛的なものではないなと感じました。やっぱ人間そんなに簡単に恋しない。

うんうん。きっとね。さて、ねーるー

「毬藻」読めないな。

「まりも」

好きな人がいるだなんて誰にも言えないから書いとく。

昨日、好きな人から貸してる本の感想連絡があった。わたしも借りてる本の感想を伝えといた。すると「◯ちゃんは残念ながら結婚できなさそうだね…」て言われたので、「いいんです。わたしはお兄さんがもらってくださるから」て返した。すごい勇気振り絞って打ち込んだんだけども、「お嫁にもらいたい方がたくさんいるなあ」て返事がきて撃沈。きっと他にも彼を好きな人がたくさんいるんだろうなと思ったら切なくなったのだった。わたしを好きになってくれたらいいのになあなんて思っちゃうのよね。いつもいつも。あ〜。考えるのやめよ。というか、恋をやめたい。つら〜い。ちょっとしたことで落ち込むからやめたい。

ねむい!!!

ねよ。

 

まりもは何も関係ない。一切。