読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋とは

今現在のわたし。恋をしているのかしていないのか。微妙なところである。15歳くらい上の人で、かっこよくて優しい人がいる。(一般的なかっこよさではない。)先日おうちに遊びに行って二人でひたすらゲームしてた。約六時間。とても笑ったしとてもどきどきしたしとても楽しかった。帰り際に、「わたしこの先恋人ができない気がするんです。好きになった人がエグザイル好きって言ったら冷めてしまう。」と言った。ら、「◯◯ちゃん(わたしの名前)は俺みたいな人が現れないと一生無理だね。ははは」て。なにこれ!その時は一緒になってはははって笑ってたんだけど、帰ってから反芻して、んんん?てなった。深い意味はないのかもしれない。一方的に気持ちを先走らせると怖いことになる。そんなことを考えてしまって、好きかもしれない気持ちを好きになっちゃいけない気持ちでぐいぐい押さえつけててだめだこりゃ。

昨年の今頃、よく若手芸人のライブを観に行っていたのですが、当時もわたしは同じような感じだった。好きという気持ちはすごいあるのに、客だから相手にしてもらえないだろうという気持ちがあり「恋愛としての好き」ではなく「この人たちの漫才が好き」という風に自分を押さえつけてしまって恋のチャンスを逃した。そうなの。逃したのよ。某SNSでツッコミのYさんから「今日バイト入ってるけどお店くる?」というメッセージが来たことがあった。(Yさんは飲み屋で働いている。)ボケのSさんには出待ちでよくからかわれたりしていた。あと、あげた服を舞台で着てくださっててそれをボケで弄ったりしてくれたので着てるよアピールしてくれたのだと思う。

そんなしょうもないことで恋とか言うなばかたれ!と言われたらそれまでなのですが、好きだったコンビの方々は恋愛的な意味を差し引いたとしてもわたしを好意的に見てくれていたということが嬉しかった。からこそなんかよく分からない「わたしは客だし!」というプライドが邪魔して親密にはなれなかった。でも今思うとめちゃくちゃ好きだった。でも二人とも好きだった。自分のSNSを遡って見てたら「今日会えるからどきどきする。楽しみだな!」的な投稿があって引いたけど、これはマジの気持ちや!恋や!と思った。しかしそれに気がついたのもつい先日。二人が解散して半年以上経ってたわ。アホだ。

アンダーグラウンドに活躍する某コンビのSさんが一時期ブログを開設していて、書き込まれた悩みに対し、真剣に答えていた。その中に「とても好きな芸人がいる。ライブに行く度に出待ちもしていて向こうから認知もされている。自分は彼の芸が好きなので応援している。が、その芸人に恋人ができたり結婚をしてしまったらすごく辛い。この気持ちは恋か?どうしたらよいか。」といったようなお悩みがあった。それに対し、芸人に対しての好きの感情はいくらあなたが芸が好きと言おうがその中には恋愛的な好きも含まれていると思う。とあった。また実際、芸人側からの意見として異性のお客さんがいつも出待ちをしてくれて「面白かったです。」と言ってくれることの嬉しさはこの上ないし、一瞬でその人のことを好きになる。と。そして、その好きの中には恋愛的な感情も含まれる。と書いてあった。今後その芸人とどうなりたいか、またあなたの顔や性格の問題等もあるだろうが、身体だけの関係でいいと思うか正式にお付き合いしたいと思うかはあなたの行動次第であり、芸人側からのお客さんに対する気持ちははそんな感じである。とあった。これを読んだらよりわたしは週2〜3で会っていた彼らが好きだったのだなと実感した。

長く書いたけれど、一年前の彼らに対する感情はほとんど恋愛的感情であり、また二人とも同時に好きだったのだと思う。そして、じっくり見れば向こうからのアクションも何かしらあったにも関わらずわたしは無駄にしてしまった。恋をしていただけに非常に勿体無い。結果二人がどのような感情を抱いていたか今となっては分からないが、少なくとも連絡をしてきたり、からかってきた日は、わたしをいいなと思ってくれたのではないかと思う。

そういった自分の「わたし客だし!」的な「好きになっちゃだめだ!」的な自分で自分の気持ちを抑えてしまうのはだめだなと思った。ので、今回は慎重に事を進めたい。できれば親密になりたい。(そう思ってる時点で好きだよなあ。)

 

寝よ〜。

つげさん

四週間の長い実習、毎日日誌や指導案を書いていたために終わった途端やることがなくなって暇を持て余している。こなに何もしなくていいのかな…と不安になるくらいには。ということで、本を読み始めた。元々本は好きだけどすごいのろのろ読むので積ん読しすぎて本棚ぱつんぱつんだったから丁度良かったのだ。しかも、実習が終わってから集中する場が無さすぎるから本にすごく集中できる。本っていいなと思えた。ちょっと恋愛ものを頑張ろうと思って、北村薫の飲めば都を読んだ。女性の気持ちをわかってらっしゃるわね〜と思いながら時に胸を痛め、時ににやけながら読んだ。面白かった。いまは村上春樹スプートニクの恋人を読んでいる。今日もお家に帰ったら読もうと思っていたんだけど、結局借りたつげ義春の漫画をただひたすらに読んでしまった。エロい。エロ過ぎる。そしてどうしようもない悲しさ、切なさを感じられる。どうしようもない男が主人公だったりすることが多いけれど、そんな男が結婚できるのもなんだか分かる。色々思うことはあったけど、忘れた。また読も。するめ固めはエロかったな。つげ義春の描く女性は決して美人ではないのだけれど、リアルでエロいということ。けど、わたしの好きなつげ義春の作品は外のふくらみ。怖いけど、けど、何度も読んでしまう。怖い。

寝よっと。

四週間の実習が終わった。改めて先生になりたいと思える日々だった。あと、季節の移ろいに気づくようになったし、全身で季節を感じられるようになった気がする。イチョウを綺麗だと心から思った。身近なものの美しさに気づけなかった恥ずかしさは凄い。植物図鑑を買うほどではないけど、もう少し詳しくなった方がいいかもなって思ったのです。紅葉っていいなあ。日光か箱根に行きたいなあ。遠いなあ。

今日久々にアルバイトしたのだけど、緊張した。どきどきした。店長が横にずっと居てくれる日でよかった。店長は孫を溺愛するお酒大好きおじさん。50代突入したばかりだったと思う。動物とか図書館とか酒とか珍味の話をした。一時間くらいのお喋り面白かったな。なにしてんだろ。

明日も学校。寝なきゃ。でも学校のあとたのしいとこに行くんじゃい!一人だけど。

ねむる

空腹

定期的に行く古本屋の店長さんがめちゃくちゃタイプでどきどきする話。

一番初めに行ったときは兄のお勧めで行った。「基本いる店員さんは店長さんではないけど、かっこいい人だよ。」と言われてて、あら!と思いながら期待して行った。けど、全然かっこよくなくて、むしろ普通だった。兄は「かっこいい人だったでしょ?」て言ってたけど、全然。それから何か面白い本が欲しくて一人でふらっと行った。すると、先日とは違うお店の人がいた。かっこよすぎてどきどきした。たしか、茶色のセーター着てて背はちょっと高くて丸眼鏡で、という感じだったと思う。どきどきし過ぎて変な汗がでた。顔はくるり岸田とか若いときの高田渡とかそんな感じ。夏に行ったら草履はいてて、昨日行ったらベージュの肘当てのついた茶色のセーター着てて、服装がストライクすぎてもうすき。だめ。てなった。しかも重でかい買う本を抱っこして仏教本見てたら近くに来て「レジで預かってましょうか?」と言われて叫びそうになった。目合って話すとよりかっこよかったな。

ただ、こう想いを寄せたりする人は大抵素敵な恋人がいたり結婚してるのよね。とほほ、、

わたし、自分で自分の男性の好みが分からないな。チョコレートプラネット松尾さんとグランジ大さんは永久に好きだと思うし、体でかいとか丸い人も好き。お相撲さんとかね。ただ一番は服装で、昭和ファッションしてる人に惚れやすい。意図的に古いものを着てるというより、楽だからくらいの感じで草履、肘当てセーター、丸眼鏡、もんぺ、上履きなんか装着されちゃうと好きになりやすいのかもしれないな。松尾さんや大さんが着物着てるの最高にかっこいいし。。

なんかお腹空いてきた。ねてごまかす。おやす

ガロと恋の話。

月刊漫画ガロに詳しいわけではないのだけれど、つげ義春ねこぢる山野一が好きで、知人に話したら「つげ義春の本ほぼほぼ揃えたから今度うちにおいで〜」と。やっほ〜い!しかも貸してくれるってさ。やった〜!わたしはねこぢる数冊と四丁目の夕日貸してあげよかな。読むならば。あとねこぢる缶バッヂあげよかな。八個くらい買ったけどどうせ付けないから。

中学時代のモテ期のこと書こ。一ヶ月前くらいにWくんから告白された話を書いたような気がしたので、つづき。

中三の夏、同じクラスの友達Kちゃんが「Iくんが好きなんだけど、好きな人聞けないかな。」と。当時Eメールが主流だったから、メールアドレスを聞いてKちゃんと同じクラスのMちゃんとわたしの三人で集まって好きな人をメールで聞き出す作戦を実行。わたしはIくんと話したことがなかったし、クラスの中で目立つ可愛い子が好きなんだろうなと思ってた。ちなみにわたしはいつもぼーっとしてたし人前に出るのが苦手で存在が薄いタイプだった。今で言うと陰キャとか言われるのかな。根暗ではないけど、明るくもない。だから、名前すら覚えられてないだろうと思い自分は論外。MちゃんはIくんと中一でクラス一緒だったけど話したことなかったらしいから多分違うなと。他にも不登校の子は違うだろとか、あの子はさすがに恋愛対象にはならないのでは…と予想をしてからメール作戦実行。Kちゃんは教室の座席の位置でどのあたりの人が好きなのか、大まかに聞いていた。「なるほどその手があったか。中二のときMくんにもやればよかったなー。」と後悔。時すでに遅し。教室の座席を聞いた結果、男女六列(男子三列、女子三列)の「どこの列の人が好きかってことだけは聞けた!」と。一番左の女子列のだれからしい。左の女子列一番前はKちゃん。一番後ろはわたし。間三人いたが、論外が二人くらいいたからこれはKちゃんだろ〜と。

数日後、Kちゃんが「わたしもう無理だ。わたしじゃないよきっと。」とか言い出したので、元気出して欲しくてIくんにメールで好きな人聞いたら、わたしだった。っつう…お話……。しかも付き合ったし…。ごめんKちゃん…。自分含め女の友情なんてこんなもんと実感したな。結局KちゃんはIくんのことそんなに好きじゃなかったっぽくてすぐ同じクラスのKくんと付き合いだした。心配して損した!!!ただ、言えることは自分が存在薄くてぼーっとしてても見てる人は見てるということね。なんで好きになってくれたのって聞いたら「顔」て言われたけど、それでも影薄すぎたから、わたし。こんな雑草をよく見つけたなと。ありがとうございます。と感謝を述べたいわね。ちなみにIくんとは破局後(一ヶ月くらいで破局した。)高校が一緒で部活も一緒で今でも仲良くて、飲みに行ったりするとすごい盛り上がる。今でもお付き合いしてたら仲良くやってけたかもなとか思うけど。

さて、高校編はまた今度書こ。

番外編

一個下の野球部の男の子でハライチ澤部さんにそっくりの子がいた。中三当時のわたしは澤部さん似の彼が可愛くて仕方なくて、しかも委員会が一緒で可愛いな可愛いなと思って学校で見かけるたび見つめてた。澤部って勝手に呼んでた。もうぼんやりとしか覚えてないけど、友達が「澤部は絶対◯ちゃん(わたし)のこと好きだよ!」てよく言ってくるようなった。て話。自惚れてる俺。許してくれ、そういう時期だった。。

次回は高校生の時のこと書く。入学してすぐのやつと高二でストーカーされたやつとバイト先のきもい人。いろいろある。

さよなら大好きな人

キロロ?花花?誰の歌だっけ?頭から離れなくて口ずさんでしまうけれど、歌詞が切なくて寂しい気持ちになっています、わたしです。

昨日ともだちと飲んだ。先月高校のともだちと飲んだときにレモンハイとかレゲエパンチとかなんかかっけえ名前のカクテルとかいろいろ飲んだけどぐらぐらしなくて、「あれ?お酒まあまあ飲めるんじゃ?!?!」と思い、昨日飲んだらだめだった。あんず酒ソーダ割りは良かったんだけれど、レモンハイ一口飲んだらぐらっぐら。あ〜弱かった。と思い、ともだちと夜の街を徘徊したよ。ファミレスで食べたアイスが美味しかった。お家にソフトクリーム出す機械欲しいくらいよ。

ともだちとは永遠と芸人の話をしていたのだけれど、わたしが前に出待ちしまくっていた超若手の名の知られていないコンビのツッコミの人からDMきた話とかしたら「それは本気出したらいけただろ!」と言われた。本気出したら付き合えていたのだろうか。。どちらにせよ解散してしまったし、二人ともまだ組んだりとかしてないからライブを行ってないし、今会ってないから真相は闇。ただ一番最初に初めてライブ行って話したときは「めっちゃかわいい」て言ってもらえて、目が腐っとるんか?!?!とは思ったけど舞い上がった記憶があるなあ。とか、しょうもない話をたくさんして、楽しく飲んだ。比較的内容は下品だったけど楽しかった。

なんかもっと書きたいことあった気がしたんだけどなあ。わかんないや。ねよ。

趣味、難あり

先日、大学で「結婚相手に求める年収は?」という質問に対していろんな意見が飛び交ってた話。わたしは年収300万くらいあって、優しくてちょっとムチムチした優しい男性と結婚したいなあってぱっと思った。でもみんな「年収は最低でも600万かな。」とか「850万くらい?」とか言ってた。挙げ句の果てには「子ども2人が大学に進学できる且つ自分は働かなくても良いくらいの収入がある人が良い。」って言ってる子もいた。先生がさらっと計算したら年収1200万って言っていてドヒャー!ってなったよ。世の中にはいろんな人がいるんだね。そのあと一人で、わたし男性に求めるもの少ないかも?すんなり結婚できるんじゃない??とか考えてたけど、趣味に難有りだから無理だな。年収1200万ほしいとか言ってた子の方が早く結婚しそう。は〜〜〜、、って思ったんだよ。この間。

わたしは昭和のものとか可愛いものとかアングラなものが非常に好きで、友達と話が合わない。でも強く生きてます。でも女子大だからねこぢるとか山野一とか楳図かずおとか相原コージとかグロかったりえっちな漫画が好きとは言えないのよね。それ以前にみんな知らないんだけど。おもちゃ屋さんとか古道具屋さんとか古本屋さんとかレコード屋さんとか駄菓子屋さんとか古着屋さんとかが好きで、路地とかにすぐ寄り道しちゃうの。だから同い年くらいのよく出かける子はあまりいないんだよね。30代後半から40代のおじさんとかと仲良くて「あ、ジュリー好きだったよね?」とか「大瀧詠一いいよね。レコードあるから勝手にかけていいよ〜」とか言われる。でもそれが楽しいんだ。こういうところが趣味の難あり。音楽は大瀧詠一山下達郎シュガーベイブ、たま、スピッツ人間椅子サニーデイサービスなんかが好きなんだけど、学校だと誰も分かってくれないんだよなあ。同じようなものが好きで、寄り道しちゃうのもいいよいいよ〜と言ってくれる30代男性とお付き合いしたいね〜。

出会いがないから無理!さて、バイトに行く準備しなきゃ。